everyday

普段思ってる事や日常の事


るろうに剣心の映画

昨日は友達と、映画「るろうに剣心」の映画を見に行ってきました。

前編、後編を続けてみてきたのでクタクタになってしまいましたけど、

面白かったです。漫画を読んでから映画を見た人は、内容を詰め込みすぎて

よくないといった意見もあり、賛否両論になりそうですが、漫画を知らずに

見に行ったあたしにとっては飽きさせないとても面白い映画だったなと思います。

漫画などを映画やドラマ実写化にすると、中々上手く行かないことがあるんじゃない

かなと思います。

あたしは昔「ガラスの仮面」を実写化したドラマを見た時、

コメディーなのかと思ってしまいました。

漫画を実写化する事に反対する気はないんですけども。

 

でもるろうにが実写かになり、剣心を佐藤健が演じると聞いたときはぴったりだなと

思いました。

佐藤健の中性的な雰囲気は剣心と合うなあと思ったものです。

映画に出てくるキャストも豪華で、この映画にかけてるんんだなあと思いました。

皆しっかり役所を捉えていて、本当に普段もこんな性格なんじゃないかと思ってしまう

くらい、皆さん演技がすごいなと思いました。

 

特に演技力がすごいと思ったのは藤原竜也でしょうか。いつも思うんですが

悪役を演じる彼独特の世界観はすごいです。

魔性のオーラを放つ、恐怖感にいつもぞっとさせられます。

 

他にすごく印象に残ったのは瀬田役を演じた神木隆之介です。

彼の今後の出演に期待したいなあと思います。

 

それから。乙女心をくすぐる佐藤健の剣心にも不覚にもときめいてしまい、

この映画を公開してくれた監督に感謝です。

Posted in 日記